バグ・不具合を発見されたら日付とともに記入してください。
修正を確認したら修正されたバグ・不具合に修正日とともに記入していただけるとわかりやすいと思います。

  • MAXIVCORDでのバグ・不具合一覧はこちら
  • THE WORLD EVOLVEでのバグ・不具合一覧はこちら
  • トーキョーグリモワールでのバグ・不具合一覧はこちら
  • 暁の鐘でのバグ・不具合一覧はこちら
  • 天の学舎でのバグ・不具合一覧はこちら
  • 賢者の扉(season2含む)でのバグ・不具合一覧はこちら

XrossVoyage?で確認されたバグ・不具合

ゲームシステム

  • (天の学舎の復習システムから存在)画像タッチの「正解はここ」の指し示す位置が境界部分を指しており正解を教える機能として機能しないケースがある(特に国や県境)
    • 内部的に設定された正解の座標の角を参照している可能性がある
  • (稼働当初から確認)Qメダル交換所において「リコード」のカテゴリーを選択すると高確率で画面がフリーズする。その間はBGMは流れるが画面は反応せず制限時間もストップする。数秒〜十数秒すると回復する。
    • 表示項目の多さには関係なくリコードカテゴリーのみで発生するため、内部処理で不具合が起こっていると思われる。
  • 2019/05/04 マジックコロシアムにおいてエネミーのHPが残りわずかな状態で全問題の出題を終えた場合、敗北演出後のリザルトにて一転して「勝利」と表示される場合がある。
    • 2019/05/30 エネミーが変更された現在でもこの不具合は継続中。
  • 2019/08/04 中央上のジャンル・形式表示と違うジャンル・形式の問題が出題されることがある。この場合の正解率は表示されているジャンル・形式にカウントされる。

ゲームシステム以外 

修正されたバグ・不具合

嘘問など

旧筐体・DS版などから存在する嘘問等・当時は正しいが現在では嘘問等も含まれます。当該機種でプレーされる際には注意されたい。

  • MAXIVCORD以前から存在し、なおかつXrossVoyage?で修正が確認されていない問題はこのページでも載せています。
  • 暁の鐘からクイズ更新ペースが「2週間に1回」に変更されているため、問題の更新が遅れている可能性あります。事実の変更であっても次の新問の追加まで様子を見てください。

アニメ&ゲーム

  • 2016/05/17 グループ分け「次のゲーム『桃太郎電鉄』シリーズに登場するカードを当てはまるものごとにグループ分けしなさい」 A.利益がある B.不利益がある
    • 使ったプレイヤーには利益があるが他のプレイヤーには不利益になる「坊主丸儲けカード」「乗っ取りカード」の選択肢が存在。どちらもAに入れると正解となる。
    • 問題文に「使ったプレイヤーが」の文言がない以上、これらはどちらに入れても不正解とは言えない。
      • 「赤マスカード」などの使うことができないカードもあるため、Bを「不利益しかない」とすればこのような別解釈はなくなる。
  • 2017/06/09 タイピング「2014年にTVアニメ化された水城正太郎のライトノベルは『いちばん○○○の大魔王』?」
    • 正解に問題はないが、この作品がアニメ化されたのは2010年である
  • 2017/10/30 四択「アーケードゲーム『パズドラバトルトーナメント』を発売したメーカーは?」
    • タイトーが正解となっているが、このゲームの発売元はスクウェア・エニックスとなっており、稼働終了に伴い公式サイトも消滅しているため、タイトーが正解というソースが見当たらない
  • 2019/5/17 ○×「『金田一少年の事件簿』で金田一耕助(じっちゃん)が登場したことがある」
    • 〇を選ぶと不正解となったが、原作の「雪鬼伝説殺人事件」にて回想という形ではあるが登場している。(アニメ版リターンズではカット) 「作中の現実世界に登場しているか否か」であるならばその旨を表記しない限り、悪問である。
  • 2019/06/07 文字パネル「インドアな女子高生たちが釣りにハマっていく、2019年4月にTVアニメ化された小坂泰之の漫画は『放課後○○○○日誌』」?
    • 「ていぼう」が正解でこれ自体は問題がないが、この漫画は2019年4月にTVアニメ化が発表されただけで時期は未定である。参考サイト
  • 2019/07/20 多答「次のネット連載の漫画のうち「となりのヤングジャンプ」で連載されているものを全て選びなさい」
    • 『秋田妹!えびなちゃん』という選択肢があり、選ぶと正解となるが、この漫画は2017年9月で連載を終了している
      • 選択肢を差し替えるか問題文を「連載されたことがある」とすべきである。
  • 2019/07/24 エフェクト「『スティール・ボール・ラン』に登場する優勝候補のインディアン」(砂男)
    • 「サンドマン」が正解だが、このキャラの本名である「サウンドマン」は不正解となる。
      • Wikiでは(サンドマン/サウンドマン)となっており、表記揺れを認めないのは悪問といえる。
  • 2019/07/31 タイピング「『トランスフォーマー』でコンボイ司令官が率いるのは○○○○○○軍団?」
    • 「サイバトロン」では正解だが、「オートボット」では不正解となる。
      • 「サイバトロン」は日本独自の呼称であり、欧米等では「オートボット(オートボッツ)」と呼ばれているため、こちらも正解としなければ悪問といえる。
  • 2019/10/24 エフェクト「2019年10月刊行の小野不由美の小説は『十二国記 ?玄の月』」(白銀の墟)
    • 「はくぎんのおか」が正解となっているが、このタイトルの読み方は「しろがねのおか」である。公式サイト

芸能

  • 2019/06/05 連想「今井美樹のシングル/c/wは『永遠のメモリー』/アルバム『未来』に収録/映画『リング2』主題歌」
    • 『氷のように微笑んで』が正解となっているが、この曲のカップリングは「永遠のメモリー」ではなく「SMILING GIRLS」である
  • 2019/07/22 連想「『許して…』でソロデビュー/元「CoCo?」のメンバー/『Zero WOMAN 消された記憶』/『いきなり!黄金伝説』」
    • 大野幹代が正解となっているが、正しくは『Zero WOMAN 消せない記憶』である。参考サイト

ライフスタイル

  • 2019/08/06 タイピング「2019年に第161回芥川賞候補作となった朝倉かすみの小説は『平場の○』?」
    • 「つき(月)」が正解でこれ自体は問題がないが、この小説が候補作となったのは芥川賞ではなく直木賞である

社会

  • 2018/09/08 多答「次のお城のうち平地に築かれた平城を全て選びなさい」
    • 「弘前城」という選択肢があり選ぶと正解となるが、弘前城は平城ではなく平山城である。
      • 「次のお城のうち丘陵に築かれた平山城を全て選びなさい」という多答もあり、スタッフも「平城と平山城は別である」という認識をしている。

文系学問

  • 2019/04/24 タイピング「日本の歴代内閣総理大臣に複数登場する苗字を1つ答えなさい」
    • 「あべ」が正解
      • 「安倍晋三」と「阿部信行」を意図したと思われるが、漢字表記が異なるため複数登場するとはいい難い。

トレイン検定

  • 2019/05/03 タイピング「普通鉄道の駅の中で2番目に勾配が急な場所にある駅は、滋賀県の大津市にある京阪電鉄の○○駅?」
    • おおたに(大谷)が正解となっているが、大谷駅は1996年の駅舎移設により普通鉄道の駅の中で日本一急勾配な駅となっている

アニメソング検定

  • 2019/05/08 連想「カナダ出身の歌手/『ef - a tale of memories.』/『とある科学の超電磁砲』/『革命機ヴァルヴレイヴ』」
    • ELISAで正解となったが、ELISAはカナダ出身ではない
      • 2019/05/16 「カナダ出身の歌手」のヒント文が『魔法科高校の劣等生』に置き換えられたことを確認。

バラエティ番組検定

  • 2019/05/22 グループ分け「次のTV番組をナレーションを担当した人物ごとにグループ分けしなさい」垂木勉/真地勇志/立木文彦
    • 「世界の果てまでイッテQ」という選択肢があり、立木文彦に入れると正解となったが、同番組は真地勇志もナレーションを担当している
  • 2019/05/22 連想「関西テレビの人気番組/重盛さと美、山田花子/雨上がり決死隊、中川家/村上ショージ、間寛平」
    • 『痛快!明石家電視台』で正解となったが、この番組は関西テレビではなく毎日放送の番組である
  • 2019/07/15 線結び「次のタレントと、フジテレビの昼の情報番組『バイキング』で司会を担当する曜日の正しい組み合わせを選びなさい」
    • 「雨上がり決死隊」という選択肢があり、金曜日と結ぶと正解となるが、雨上がり決死隊は2018年4月で降板している

幕末・明治維新検定

  • 2019/06/06 線結び「次の1864年の池田屋事件で討ち死にした尊王攘夷派の志士とその出身藩の正しい組み合わせを選びなさい」
    • 「淵上郁太郎」という選択肢があり、久留米藩と結ぶと正解となるが、淵上郁太郎は池田屋事件で討ち死にしていない淵上郁太郎のWiki
  • 2019/07/05 エフェクト「鳥羽・伏見の戦いの口火を切った戦いで敗走した幕府軍の指揮官」(滝川具挙)
    • 辞書的に正当な「たきがわともたか」が不正解。
      • Wikipedia記事の履歴を追うと見出しの読みが昨年11月24日に正答となる「たきがわともあき」から修正されている。

異世界検定

  • 2019/07/18 スロット「VRを通して異世界の少女に指示を出す、自転車創業が発売するPSVR用謎解きゲームは『○○○○の物語、ひとかけら版』?」
    • 「星の破片」が正解となっているが、正しくは「星の欠片」である。公式サイト
      • 2019/08/07 「星の欠片」と正しく修正されていることを確認。
  • 2019/08/05 連想「『盾の勇者の成り上がり』/鳥と少女の姿を使い分ける/馬車を引くのが好き/種族はフィロリアル・クイーン
    • 「フィーロ」が正解となっているが、ダミー選択肢に「フィトリア」が出てくることがあり、その場合このヒント文だけでは答えを絞りきれない。
      • 「フィトリア」が答えの連想はヒントできちんと確定できるので、この問題のダミー選択肢からフィトリアを除くべきである。

レトロゲーム検定

  • 2019/09/02 線結び「次のアニメ・漫画を題材にしたファミコンゲームと発売元のメーカーの正しい組み合わせを選びなさい」※アニメ&ゲームでも出題を確認
    • 「うしおととら」という選択肢があり、ナツメと結ぶと正解となるが、うしおととらのファミコンゲームを発売したのはナツメではなくユタカである参考サイト

アイドル検定

  • 2019/09/18 順番当て「次のTV番組『ラストアイドル』から生まれたアイドルグループを人数が多い順に選びなさい」
    • Someday Somewhere→Good Tears→シュークリームロケッツの順に選ぶと正解となる(復習にて確認)が、Good Tearsは結成当時は5人だったが2019年8月6日時点で3人組となっておりシュークリームロケッツと同じ人数になっているため問題が成立しなくなっている
  • 2019/09/22 並べ替え「1975年から1982年まで放送された子供向け番組『ママとあそぼう!ピンポンパン』で活躍した少年アイドルグループは?」
    • 「ビッグ・マンモス」が正解でこれ自体には問題はないが、この番組が放送されたのは1966年からである(問題文にあるのはビッグ・マンモスの活動期間)。

お金検定

  • 2019/10/02 スロット「2020年から日本の住民税に適用される基礎控除は、合計所得金額が2400万円以下の場合○○万円になる?」
     問題文が数種に派生するが、この組み合わせで出題された際には33万円にすると正解になるが、2020年からは43万円に引き上げられるため誤問になる。

ノーベル賞検定

  • 2019/11/06 キューブ「2017年にノーベル化学賞を受賞したオーストリア出身の化学者」
    • 「カープラス」が正解となっているが、彼がノーベル化学賞を受賞したのは2017年ではなく2013年である

MAXIVCORDで確認された問題については現在非表示として残しています。今作での出題が確認された場合は適宜移動を行ってください。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-12 (火) 04:33:31