マジックコロシアム

概要、構成はマジックコロシアム参照のこと。
主にパラメータや行動などの考察で構成されているので、パラメータや行動の意味をよく理解してから読んでください。(小ネタ除く)。
ここに書かれていることはあくまでも「こうすれば勝ちやすい」というだけであり、「それ以外は全て悪手」というわけではないこと、及び「その場その場で取るべき行動は異なる」ということを留意してください。(その場その場で取るべき行動を列挙した場合、おそらくこのWikiの全リソースを使っても足りないでしょう。)

AP増加力(仮説)

  • チームAPは最大値を100Pとすると、青入れ正解1人につき25P程度増加する。青入れではない正解の場合はAP増加量は減り、時間切れギリギリでの正解では青入れ時の半分(すなわち12.5P)程度しか増加しないようである。
  • 全員正解時は所定の増加量より多く増加する(所定増加量の25%程度が上乗せされる)
    • これらの仕様は旧邪神モードにおける「AP増加力×2」の状態とほぼ同じであると考えられる。
    • 時間経過によるAP増加もごく微量だがあるようである(もちろん誤差程度なのであてにならない)。
  • 【APバキューム】について
    • 敵がAP満タンでAPバキュームを2回行うと2人正解で満タンになることから少なくとも【APバキューム】で上限まで2回吸い取れると50P以上チャージされる(おそらく1人あたり30P)。しかし敵の減少量は37.5Pと考えられるため、全員で総出で【APバキューム】をやったら実質2回攻撃などということにはならないと考えられる(そうするのだとしたら敵AP125より多ければ理論上可能となるが、今のところ110が最高のようなのでそれはできない。)
  • 【クロノアクセル】について
    • とりあえず3人正解で満タンになるので効果はかなり大きいものと考えられる。クロノマンサーが正解しなくても満タンになるので少なくとも4/3倍は固い。ツクヨミの使用するものと効果が同一ならば1.5倍が有力そうである(不正確)

      仮説に基づいた計算例(実際にはこれにソーサラー・クロノマンサーのジョブスキルと時間経過によるAP増加量が加算される)

      -青入れ4人で全員正解

      --(25x1.00x4)x1.25=125→満タン

      -6問1周設定の予習で12.50点(すなわち75%)で全員正解した場合

      --(25x0.75x4)x1.25=93.75→満タンならず

      ---この状態でソーサラーが一人いて満タンになるだろうことを考えると少なくとも+10Pぐらいはありそうである。逆に言えば最初の問題でソーサラー(やクロノマンサー)3人が青入れしたら満タンになる可能性がある?

      -青入れ3人で3人正解かつ1人不正解→6問1周設定の予習で12.50点(すなわち75%)で単独正解

      --(25x1.00x3)+(25x0.75x1)=93.75→満タンならず

敵APの増加の仕組みは以下の通り。

  • 誤答した場合は、誤答した人数に応じて敵のAPが上昇する。これはツイッター公式アカウントでも明言されている。
  • 標準的には敵のAPの最大値は100Pとして考える。
  • ファイターマジックナイトベルセルクの【APブレイク】によるAP減少量は50P。つまり、標準設定の敵の場合、APゲージの半分相当が削れることになる。ソーサラー・クロノマンサーの「APバキューム」では37.5Pと考えられる。
  • 敵APの最大値は、敵によって異なる個別の値が設定されている。
    • しかし、ヘビーウェイトなどがなくても100Pより明らかに多いケースもあるし、ライトスピードのような特殊能力がなくとも少ないケースがあるので一概には言えないが、一定の傾向はあるようだ。
      • サマーダイアリードラゴンやツクヨミなどデカブツでは特に指定されていなくとも110Pと考えられる。例外としてドクラーケンやアマテラスなどはデカブツの部類に入るがドクラーケンは75P(想定)、アマテラスは95Pと考えられる。
      • ゴールドベルルや天空ズなど小さい敵は75Pと考えられる。
      • 目安として満タンから【APブレイク】で半分以上削れたら75P、【APブレイク】2回で少し残ったら110Pと考えると良い。
    • 「ライトスピード」は想定されているAPの90%、「ヘビーウェイト」は想定されているAPの110%が最大APということと考えられる。ヘビーウェイト持ちしか出なかったドクラーケンは85P程度(おそらく実値82.5P・想定AP75P)、ライトスピード持ちしか出なかったフランシスは45P(想定AP50)と考えられる。ライトスピード持ちのマロンが90P程度であったろう挙動も説明ができるが、確定ではない。
  • 敵APは、1問毎に一定の値が増加する「固定増加」と、不正解者の人数に応じて増加する「不正解ペナルティー」により増加する。
    • 標準設定の敵の場合、特に特殊効果がなければ3人以上誤答で0から満タンになるのが目安。全員正解でも目安として4割程度上昇する。
    • 固定増加で10P、不正解ペナルティで20P?(不正確)

      仮説に基づいた計算例(実際にはこれにハイパーモード補正やファイター・マジックナイトのジョブスキル等が加算(減算)される)

      -全員不正解

      --(10x4)+(20x4)=120→ヘビーウェイト持ちでも満タン

      -3人不正解

      --(10x4)+(20x3)=100→通常なら満タン、ヘビーウェイト持ちでは満タンにならない

      -2人不正解

      --(10x4)+(20x2)=80→通常でも満タンにならない他、「満タン→APバキューム2回で攻撃阻止→2人不正解なら満タン」という現象にもマッチ

      -全員正解

      --(10x4)=40→目安として4割程度上昇、APバキューム1回だけでは敵APは黒字状態

      • ジョブスキル「APカットミニ」について
        • 【APバキューム】やその他特殊能力がなければ基本的に20の倍数で増えていくことになるのだが、通常の相手でマジックナイトが単独正解を起こしても敵の攻撃は防げないので、固定増加やペナルティがこれより大きいか、敵の最大APが100Pより少ないか、ジョブスキルがあまりに微妙すぎて効果が見られないかのいずれかである。基本的にはないものと考えて良さそうである。
          • スサノオ戦では1〜2Pぐらいの効果が目に見えて現れている。もしかしたら、今まででは効果が本当になかったのかもしれない。なお、1〜2Pということは、敵のAPが完全に20の倍数でなければ1問あたりの増加量に対して完全に焼け石に水状態であることにも注意(減っても減らなくても必要問題数が変わらないという意味)

問題解答によって敵味方のAPが同時に満タンとなった場合、基本的には 出題時点のAPの多い方が先手を取る ようである。

  • 割合か絶対値かは定かではないが、おそらく割合であろうと考えられる。(ライトスピード持ちの天空ズ(67.5P)に【APバキューム】で両者満タンとなった時に天空ズの攻撃が先となった。ただし、ライトスピードというスキルの効果の可能性が否定できたわけではない)
    以上から、【APバキューム】で敵の攻撃を阻止した場合にその次の問題で十分な人数が正解できた場合に敵と味方どちらが先に行動するかを考えてみよう。
  • 敵APが半分程度なら1人、それ以上なら2人が 常に【APバキューム】 することで敵の先制攻撃を封じ、回復役不在時の勝率を上げることが可能となる。経験的にも、これで確実に先手を取れることが判明している。
  • 攻撃時に敵APが 60,70,80,100 であるとき、味方の【APバキューム】で 敵 : 味方 のAPがどのように変化するかを下に示す。【APバキューム】による相手の削減値を 37.5P、味方の増加値を 30P と仮定し、37.5Pの削減が出来なかった場合には削減出来た数値に0.8をかけた値を味方のAPに加えるものとする。
    敵AP:味方AP60:070:080:0100:0
    吸収060:070:080:0100:0
    吸収122.5:3032.5:3042.5:3062.5:30
    吸収20:480:565:6025:60
  • 「敵APが満タンで【APバキューム】が1回しか行われなかった場合には敵の攻撃を1ターン遅らせただけ」という理由が理解していただけると思う(あくまでも仮説にすぎないのでこの理由を信じるかどうかは自己責任で。ただし経験的には事実である可能性が非常に高い)。すなわち固定40の増加を加味すれば1回の【APバキューム】だけでは不足である。
    • 回復役不在かつHPの少ない状況で先手を取れた場合は、残り問題数にもよるが2人以上が【APバキューム】を使うか、または【APブレイク】【APバキューム】を一人ずつ使う必要がある。後者は次の問題で3人即答または全員正解を要するため、やはり【APバキューム】を優先することが望ましい。

能力値についての考察

  • 最大HP・現在HP:チーム全員の合計値が適用される。
    • 試合開始時に現在HPは最大HPと同じ値にされる。
    • 敵の攻撃・マジックナイトの【捨て身こうげき】により現在HPが減少し、現在HPが0未満になると(勝利条件を満たしていない限り)敗北となる。
    • 【ヒーリング】・【プチヒーリング】・スキル【HPボーナス】により現在HPを回復することができるが、現在HPは最大HPより多くはならない。
  • 攻撃力:チーム全体の攻撃力は表示こそされるものの、全体魔法のような要素はなく個人の攻撃力が適用されるため特に意味は無い。
    • チームの【パワーUP】・【マイパワーUP】・敵のパワーDOWNによって+3〜-3の7段階がある。
    • 1段階で70ダメージ程度の差が発生する。【APブレイク】など、ダメージを与えないコマンドに対しては攻撃力の値が適用されないので、【APブレイク】や【攻撃力UP】などの補助コマンドはレベルが低い・攻撃力が低いプレイヤーが率先して行うべきである。ただし、攻撃順次第ではこの限りではない。
    • 目安として攻撃力が30違うと与ダメは100程度違うらしい。
    • だいたい最大値と最小値で100程度の差があるらしい。
  • 防御力:チーム全体の合計値が適用される。
    • チームの【ガードUP】・敵の防御DOWNにより+3〜-3の7段階ある他、敵の攻撃力の+3〜-3を加味すれば実質13段階ある。
    • 1段階につき70ダメージ程度の差が発生するが、攻撃力UPと違い相対的に影響が大きいので意外とバカにならない。シャーマンやソーサラーが複数いると100ぐらい変わることもある。
  • 回復力:チーム全体の回復力は表示されるが、実際の【ヒーリング】・【プチヒーリング】では使用者の回復力が適用されるため特に意味は無い(?)。ソーサラーの回復力に上方修正がかかっているので全体の回復力も関わっている可能性がある。高ければ高いほど【ヒーリング】・【プチヒーリング】の効果が大きくなる。チームの【ヒールUP】により0〜+3の4段階ある。1段階につき【ヒーリング】では250程度、【プチヒーリング】の場合は170程度変化するため、3段階上げると倍以上の効果が見込める。

各コマンドの効果

具体的な値を提示し、各ジョブの攻撃力から具体的な立式を試みたり能力値上昇コマンドの効果を検証する(仮)

*与ダメージ

防御力の特殊効果がないものと推定される相手(例えばガルーダ先生)で、かつクリティカル(後述)が発生しなかった場合のダメージを記載する

ジョブ\攻撃UP(・DOWN)回数-3-2-10123
ファイターLv20・通常攻撃
ファイターLv20・ため攻撃
プリーストLv20・通常攻撃
ソーサラーLv20・通常攻撃
パラディンLv20・通常攻撃1208〜1292
マジックナイトLv20・通常攻撃1287〜1380
マジックナイトLv20・捨て身攻撃
シャーマンLv20・通常攻撃
シャーマンLv20・ポイズンフィーバー発動
クロノマンサーLv20
メサイアLv20

*回復HP

パーティの回復量合計に依存すると予想されるため(プリーストx4とマジックナイトx3+シャーマンとで回復量が異なると予想されるため)、あくまでもパラディンのプチヒーリングと他の(プチがつかない)ヒーリングとの比較という扱いで考察すると良い

ジョブ\回復UP回数0123
プリーストLv20・ヒーリング
パラディンLv20・プチヒーリング
シャーマンLv20・ヒーリング
メサイアLv20・ヒーリング
  • ちなみに、回復力はレベルが同じ場合だとプリースト≒メサイア>シャーマン>>パラディン、攻撃力はパラディン>メサイア>プリースト>シャーマンである。
    • 専用コマンドが防御・回復重視になっているプリースト・パラディン・メサイアが混在する場合は「(回復重視)プリースト←→メサイア←→パラディン(攻撃重視)」と役割分担するのがベターだろう。もちろん、回復力UPはかけておくこと。

戦略指南(一般)

  • どうしても勝てないと思ったらまずは(プレイヤー自身はもちろん、ジョブの)レベルを上げよう。課金要素はあるがお助けアイテムは使うこと。誰しも勝利したい気持ちは同じであるため(一部妨害を楽しむ連中がいるのは事実だが)、相手ばかりに最善を求めるのではなく、自分も最善を心がけるべきである。
    • ある程度の正解率やジョブレベルさえあれば、問題運に左右されることはあっても(実際称号持ちが複数人いても問題運によっては負けることはある)あとは戦術次第となる。言い換えれば全部正解できても戦術がままならなければ負けてしまうということでもある。つまり、戦術を理解しなければいくら正解していてもいくらジョブレベルが高くても意味を為さないのである。
  • 敵に行動させない(APを貯めさせない)一番の方法はできるだけ正答すること。時間増加によるAPゲージ増加ペナルティが無い(あってもごく微量で無視できる)ため、連想は最後までヒントを見ても良いし、エフェクトは(入力が間に合いさえすれば)完成するまで待っても良い。
    • 前作の邪神で有効だった「即ダイブ」は、誤答での敵APゲージ増加ペナルティが1人単位で発生するため逆効果になった。
    • 正解率が極端に低い難問が立て続けに出題されると、時間切れや不正解による全滅ペナルティで相手の行動を許してしまう危険性も高いのだが、出題パターンが完全にランダムな現状では立て続けに出題されないことを祈るしかない。
  • メガホンやルーペに関しては、1人でも正解すれば良い状況であっても有効なケースがある(相手に行動されると負ける可能性があり、正解人数によっては相手の行動を阻止できる場合など)。
  • 邪神のように「特定問題数以内に倒せば報酬の質が上がる」ことは無いと考えられるため、トドメが確実に刺せるといった場合や問題数に余裕がなく攻撃連打をしなければ間に合わない場合を除いては安全運転を心がけたほうが良い。
    • ツメが甘いと万が一2連全滅が発生した場合それだけで逆転負けが起こりうるためである。トドメを刺すターンに於いては4人目がトドメを刺そうと最初の1人がトドメを刺そうと勝ちであることには変わらないため、「ツメが甘い」状態になるなら手を緩めてファイターはAP削りに回ったりプリーストは余裕を持って回復をしたりするのもひとつの手である。
  • クリティカルフィーバーは全員不正解で解除されてしまうため、フィーバー中に2ターンコンボ技を使うのは必ずしも有効な戦略とはいえない。
    • すなわちコンボ技を決めようとするそのターンがフィーバーであるとは限らないので、フィーバー中はHP残量に注意して攻撃をし続けるのが良い。
    • クリティカルフィーバー中はダメージがアップすると誤解されやすいが、クリティカルフィーバーの効果はあくまでクリティカルの確率が通常より上がるだけでありダメージアップの効果はない事に注意(ダメージの期待値は上がる)。またクリティカルフィーバー状態でなくてもクリティカル自体は一定確率で発生するのでその点は安心して欲しい。

ジャンル別凶化合宿

ジャンル別凶化合宿では、当該ジャンルの使い手が多く集まるため、冥界神より強い教師陣が相手とはいえ十分戦うことができる。
「討伐報酬アイテムが欲しい。」「せめて通り名だけでも入手したいけど、足を引っ張るのが嫌だ」という場合でも、とりあえず以下の点に注意すればなんとかなる。
むしろジャンルの使い手としても、捨てゲを楽しむ悪辣な連中を引くより少しでも討伐意思のあるプレイヤーを引けたほうがいい。
以下、通常のマジコロでもある程度言えることだが、特に徹底したい点を挙げる。

  • 最初に正解率グラフなどを確認して使い手がいるかどうかを確認する。
    • 特に使い手がいるのなら「誰の答えを信用するべきか?」という迷いはまずなくなる。
  • 当たり前だが、メガホンは無視しない(たまたま使ったヒントなどから答えが明らかに違う場合を除く)。
  • 叡智の使用は○×と四択(分岐)に絞ってしまう。どうせわからない問題に叡智の書を使ったところで正解できる可能性が極端に低いまま変わらないのであれば、確実に正解できる可能性のある○×と四択にアイテムを使ったほうが良い。
    • 分岐しない四択、選択肢が3個の順番当て・線結びに使う手もあるが、1/2の確率はかなりリスキー。
  • ルーペはわからないと思ったらすぐに使おう。序盤のうちに出来るだけバフコマンド・デバフコマンドを積んでおくことで試合展開をより有利にすることができるためである。
  • 報酬カスタマイズアイテム(ボコスカード限定通り名)目当てで繰り返しプレイするなら無理に極凶に挑戦せず、大凶や凶といった簡単な難易度を選ぶことも視野に入れよう。
    • ボコスカードで得られるポイントは難易度による変化はなく、簡単な難易度の方が報酬カスタマイズアイテムやボコスカード限定通り名獲得に必要なポイントを溜めやすい。
    • また報酬カスタマイズアイテムは基本的に勝利しないと手に入るチャンスがなく入手確率も低めなので、苦手なジャンルなら比較的簡単な問題が出やすい凶を繰り返しプレイして、報酬カスタマイズアイテムの入手機会を増やした方がいい。

戦略指南(ジョブ別行動)

あくまで一般論として述べているに過ぎず、実際にはその場その場で取るべき行動は変わることに留意されたい。その場その場で取るべき行動を全て列挙していったならばおそらくこのWikiのリソースを全て使っても解説しきれない。

  • また、団体様キャンペーンやサークル対戦による理想的な順番・戦略を前提とした対戦相手が今後出てくるとも限らないため、ある程度ジョブの特徴や動きを知っておくことの重要性は非常に大きくなっている。
  • 基本的には一番レベルの高いジョブで行くのが良い。同凸やSNS等での合わせの場合にはジョブが分散するように選ぶのが良いだろう。店内やサークルの場合も予め攻撃・回復・AP操作のバランスが取れるようジョブを分散して選択しよう。
  • 勝利条件が「相手のHPを0にすること」であるため、基本的に【こうげき】コマンドを使うことが必須である。
    • ただしチーム構成次第では(特にマジックナイトが多いなど火力が高い構成なら)無理に攻撃に回らず回復や補助に回ってしまう方がパターン化しやすい。
  • 自分のよく使うジョブのコマンドの効果だけ覚えていてもあまり役に立たない。例えばマジックナイト(ベルセルク)の【捨て身こうげき】はHP1000以上ないと打てないことを知っていなければ、マジックナイト(ベルセルク)が【捨て身こうげき】を打つためのHPを確保する行動がとれず、結果としてマジックナイト(ベルセルク)が【捨て身こうげき】を打てずにターンを無駄にしてしまうことすら考えられる。
    • どうしても覚えるのが面倒ならばソーサラーがおすすめ。【パワーUP】で攻撃をMAXまで上げて、【APバキューム】だけ使っていれば、行動面で問題になることはまずない。
    • 上記の制約からどうしても攻撃のみ専念したいならば、ファイターやベルセルクを選ぶと良い。プリーストやマジックナイトなど積みコマンドが期待されているジョブをわざわざ選んで攻撃を繰り返すのは他人の予想を大きく裏切り回復の遅れや手数の減少などを招き結果的に敗北につながる危険性があり、それに比べれば捨て身攻撃や溜め攻撃などのテクニックこそあれど、補助技が皆無である(に等しい)ことから、単純に攻撃するということ自体が(積みコマンドを実行することが期待されているジョブの攻撃よりも)遥かにまともでかつ勝利に直結する行動であるためである。

合わせうち

サークル内協力プレーや店内協力プレーなど、「合わせ」て挑むことができる場合、難易度がぐっと下がる。
画面の向こう側にいる見ず知らずのプレイヤーや偏ったジョブのマッチングをなくすことができるためである。
ジョブを攻撃力が高い「攻撃系」、【ヒーリング】系列が使える「回復系」、【パワーUP】が使える「補助系」、APを操作する「AP操作系」に大別すると、以下のような構成が俗にいう「鉄板」の編成である。

一人目二人目三人目四人目
攻撃系回復系補助系不足しているリソース

AP操作系は必須というわけではないがあれば楽にはなる。ただし上記の基本形を崩してまで投入する価値が有るかは疑問。
状況に応じて不足しているリソースが何で、その枠に何を割り当てるかを考えておくと良い。
理想的なパーティとして必要なコマンドは【パワーチャージ】・【捨て身こうげき】・【ポイズンミスト】から1つ、【ヒーリング】(プチは望ましくない)、【パワーUP】の3つである。更に【APバキューム】・【クロノアクセル】から1つ、【ヒールUP】があれば完璧な編成である。これを踏まえたうえでよくある編成を以下に挙げる。

  • マジックナイト(攻撃・補助)+プリースト(回復)
    • これだけで攻撃・回復・補助全てが揃う。AP関係のリソースを補強するのも良いし、このままもう1セットマジックナイト+プリーストでゴリ押しするのも良い。防御が薄いのが欠点。メサイア+ソーサラーもしくは下記のシャーマン+ソーサラーと組み合わせると安定する。
  • シャーマン(攻撃・回復)+ソーサラー(補助)
    • 一応これでも攻撃・回復・補助は揃っている。防御が強いので上記のマジックナイト+プリーストと組み合わせると強さが実感できるだろう。
  • ファイター(攻撃)+プリースト(回復)+ソーサラー(補助・AP操作)
    • 基本3種は攻撃・回復・補助の構成に忠実に従っている。ファイターの【パワーチャージ】→【こうげき】しかまともな攻撃がないのでできれば攻撃系を一つ追加したいところ。この場合ソーサラーがAP操作に専念できるマジックナイトが適任だろう。
  • マジックナイト(攻撃・補助)+シャーマン(攻撃・回復)+パラディン(回復)
    • 上級3種も攻撃・回復・補助の構成に忠実に従っている。AP操作系がないので残り1枠はソーサラーやクロノマンサーが適任。全員正解を前提として残り1枠に他の攻撃系ジョブを投入するのも一手。
  • ベルセルク(攻撃)+メサイア(回復)+クロノマンサー(AP操作)
    • 禁断3種では攻撃を上げる手段がないので残り1枠はソーサラーかマジックナイトで確定だろう。クロノマンサーは戦況に応じて【APバキューム】や【こうげき】を使い分けよう。【ヒールUP】がないため【捨て身こうげき】を使う時はHPとメサイアの行動順で判断すること。

ファイター

明らかな攻撃系…ではあるが。

  • 本作では【パワーチャージ】→【こうげき】のダメージがシャーマンのポイズンフィーバー×2やパラディンの【こうげき】×2に劣るため、これらのジョブが解禁されてからはわざわざファイターを選ぶメリットが薄れてしまった。とは言え他の人との連携を考えなくてもいいのはファイターの強みであるといえる。
  • 適任は即招集時の4番目。ソーサラーやマジックナイトの【パワーUP】がかかった後に行動できるのはもちろん、敵のホーリーウォールを先に行動するキャラが破壊してくれることを期待できるため【パワーチャージ】→【こうげき】が軽減されにくい。
  • ソーサラーとマジックナイトが居なければ一番最初の行動で【マイパワーUP】を使おう。
  • 以降の行動では相手のHPゲージが赤色になるまでは【パワーチャージ】→【こうげき】、赤色になったら【こうげき】でトドメを刺そう。
  • 単純に【パワーチャージ】→【こうげき】で戦っていくだけのジョブなので簡単なジョブだが、相手のHPや残り問題数には注意したい。

プリースト

明らかな回復系。
暁の鐘の頃と比べて大きな変更点はなく、当時と同じ感覚で使用できる。

  • 【捨て身こうげき】の反動ダメージを同ターン中に回復するには行動が遅い方がいいため、予習終了後、即招集されたときに選択するといい仕事ができる。
  • 【捨て身こうげき】の回復を1ターンおきにする攻めっ気溢れる人もいるが、敵のAPをよく確認しながら判断していかないと先手を取られて攻撃されたときにHPが1000を切ってしまうこともあるので注意したい。
  • どんな時でもHPは大事、【ヒーリング】を使って大体1600以上になるようにしよう。
  • 【ヒールUP】は1回かけるごとにかかっていない状態から回復量が大体600→900→1100→1400と上がっていく。
    • ほとんどの対戦相手は1回の攻撃で1200以上のダメージを与えられないのでHPに余裕がある時は【ヒールUP】は2段階まで上げて、あとはHPを気にしながら【こうげき】をするのが良い。マジックナイトやベルセルクがいる場合にはMAXまで積むのが良い。
  • 【リフレッシュ】は「のろい」や「クロノバインド」状態ならば積極的に解除しよう、「どく」と「やけど」状態ではHPが低くなった時に【ヒーリング】をした方が良いので放っておこう。
    • ただし、「のろい」や「クロノバインド」状態でもHPが最大の半分を切っている場合は回復を優先しよう。
  • 状況にもよるが、プリーストは無理して攻撃に参加するより、HP回復に専念した方が結果的に良い場合が多い。HPを安全圏に保つことで他のメンバーが攻撃に専念できるため(特にマジックナイト、ベルセルク)、攻撃力の大幅アップにつながるからである。
    • HPの管理にだけ気をつけるということを学ぶという点では、裏方に回って活躍したいジョブの中では最も初心者向けではあろう。

ソーサラー

明らかな補助系・AP操作系。
プリーストと同様に大きな変更点はない。と思いきや協力クイズの導入によりAP管理が難しくなった

  • 【パワーUP】をいち早く仲間に届けるためにも後述のホーリーウォールの破壊のためにも行動は早い方がいい。招集中に予習を2問以上解ける時間があったときが特にオススメ。【パワーUP】はマジックコロシアムにおける最重要コマンドなので、たとえ即招集でも他の人がソーサラーやマジックナイトを選ばなかったときはソーサラーを選ぶのが勝利の近道といえる。
  • 協力クイズは全員正解か全員不正解のどちらかになる仕様のため、協力クイズの前に【APバキューム】を使用するかどうかで判断が分かれる。協力クイズが出る前のメンバーの正解状況や【捨て身こうげき】が使えるジョブがいるかどうかなど判断材料は様々。
    • とは言え精々全ジョブ中最低の攻撃力を一発当てられるかどうかの程度なのでどちらを選んでも大きな影響はない。
    • 協力クイズの前に敵のAPが満タンになる寸前の条件だと、APを吸収して直後の協力クイズを正解できても先手を取られるので普通に攻撃する方が有力。
  • ソーサラーが攻撃に参加することで後続の【パワーチャージ】や【捨て身こうげき】の前に敵のホーリーウォールを破壊できる場合は耐久力を削っていこう。パラディンやシャーマンがダメージ源の場合は【APバキューム】中心でいい。
  • まずは【パワーUP】を使って総出題数の半分が終わるまではMAXになるように調整しよう。
  • 【ガードUP】は使ってもほとんど意味がない、ジョブの名前欄に黄色を含むジョブが居ない時に序盤に1回使う程度かどうか、相手に防御力を下げられても絶対に上げないこと。
  • 【APバキューム】はすることがなくなった時に相手のAPが半分より多い時や、相手がどく状態の時につかってシャーマンを補助しよう。
  • 一見するとソーサラーの役回りは地味だが、チームにはなくてはならない存在である。【こうげき】以外のコマンドはジョブレベルに左右されず、HPの管理などに気を配る必要は特になく(そういうコマンドがないため)、立ち回りを考えるのが面倒ならこのジョブが適切かもしれない。

パラディン

攻撃力が低かったのは過去の話。本作では全ジョブ中最強の攻撃力を誇る。
シャーマンのポイズンフィーバーのダメージが下振れしたときはパラディンの【こうげき】の方がダメージが大きいことも珍しくない。
他に回復系のジョブがいれば最初に【ヒールUP】を1〜2回使ったらあとはずっと【こうげき】してるだけで強い。手順も少なく敵の体力を見る必要もないためファイター以上のお手軽ジョブといえる。

  • シャーマンのポイズンフィーバーと違いパラディンの攻撃は下準備する必要がないのが強み。トドメ寸前で毒が切れたときに失速するシャーマンと違って安定感がある。
  • パラディンは【ヒールUP】を使うだけ使って回復そのものは他のジョブに丸投げしてこそのジョブである。特にメサイアは【ヒールUP】を使わないと何もできないジョブと言っても過言ではないため、メサイアを選んでいる人がいたら積極的に被せてあげよう。
    • 回復役がシャーマンだと中にはポイズンフィーバーに夢中で【ヒーリング】を使ってくれない人もいるが、基本はシャーマン側に回復を任せたい。
  • プチヒーリングは回復量が少ないので回復を行う場合は最大値より800程度少なくなったら早めに回復しておこう。
  • 【プチヒーリング】は【ヒールUP】を1回かけるごとにかかっていない状態から回復量が大体400→600→750→900と上がっていく。

マジックナイト

暁の鐘と比べると攻撃力が大幅ダウン。攻撃面、サポート面のどちらも微妙な性能になってしまった。
敵の防御力によってダメージは変動するものの、パラディンの攻撃を9とするならマジックナイトは7程度。

  • マジックナイトの【捨て身こうげき】はマジックナイトの【こうげき】+プリーストの【こうげき】と比べて若干上回る程度。回復役がシャーマンやパラディンのときに【捨て身こうげき】で回復を強要するとトータルのダメージが落ちてしまうのでトドメ以外は使用を控えること。人によってはギリギリまで回復してくれなかったり、回復を放棄してくるケースも起こり得る。
    • 本作ではメンバーのジョブ選択が事前に判るため、二人以上の【捨て身こうげき】の被ダメージを後続のキャラがまとめて回復できる組み合わせになりそうなら少しは活躍できるかもしれない。
    • 予習を消化して即招集されたときに行動が4番目になるのは過去のマジコロやグリバスと同様。【捨て身こうげき】後の回復がターン中にできないため、即招集時は他のジョブを選ぶのが無難
  • 2020/3/4の更新でクロノマンサーが解禁されたことで【パワーUP】が使えるマジックナイトの需要が増えた。ミッション達成のためにクロノマンサーを選択する人が多いので、即招集じゃない場合は選んでフォローしてあげるとよい。
  • COMのマジックナイトは最初の2ターンは【パワーUP】を使う。こちらがソーサラーを使っているときは2ターン目に行動が被らないように他のコマンドを選ぶこと。

シャーマン

ポイズンフィーバーの1.5倍撃から回復、攻撃ダウンと割と何でもできるジョブ
暁の鐘後期と使い勝手はさほど変わらないが、本作では行動順が1ターン目から判るのでシャーマンが複数いるときの連携がしやすくなった。

  • シャーマンのポイズンフィーバーは強力だが【ポイズンミスト】で1ターンかかるのが難点。この難点を補うためにも2人以上で連携するのが望ましい。シャーマンを選択してる人がいたら積極的に被せていこう。【ポイズンミスト】のかけ直しで1ターン使うのを嫌う人が中にはいるが、2人いれば2ターンあれば元は取れる
  • シャーマンが複数いるときは行動が一番早い人が【ポイズンミスト】をかけつつ【こうげき】、後続は基本【こうげき】でHPが減ったら【ヒーリング】で進めていくと、HPが減っている状態で【ポイズンミスト】をかけ直すケースに遭遇したときにスムーズに対処できる。
  • 【パワーDOWN】は【ヒールUP】が使えるジョブがいないときに使ってもいいが、その暇があったらポイズンフィーバーでさっさと削って倒す方がいい。
  • 回復役がシャーマンとパラディンのときはシャーマンが回復役に回ること。ポイズンフィーバーとパラディンの攻撃はほぼ同等だが、【ヒーリング】と【プチヒーリング】では回復量が全然違う
    • ソーサラー、パラディン、ファイター、シャーマンみたいな編成のときはシャーマンは回復を最優先に動くこと。ポイズンフィーバーを狙う機会は減るものの、攻めに回ったときはプリーストよりも攻撃力があるので殴れるヒーラーとして活躍できる。
  • ヒールUPがかかっていないヒーリングだけでは回復量が少ないので回復を行う場合は最大値より800程度少なくなったら早めに回復しておこう。
  • 攻撃を行う場合はまずは【ポイズンミスト】でどく状態にしてから【こうげき】、相手のHPが赤くなったらそのまま何もせず【こうげき】して削りきろう。

クロノマンサー

クロノアクセルの効果が3→2問になり激しく弱体化。攻撃力もマジックナイトよりやや劣る程度とこれまた微妙。

  • 3人正解でターンが取れる【クロノアクセル】の弱体化がとにかく痛い。普段は【APバキューム】をメインに使いつつ、全員正解しても敵のターンが回ってくるときに【クロノアクセル】を仕込むのが無難。
    • ソーサラーと違いクロノマンサーはAPアップの特性がないため、【クロノアクセル】を使っても解答がギリギリだと3人正解でターンを取れないこともある。
    • 今回から導入された協力クイズでも当然【クロノアクセル】の効果は消費される。クリティカルフィーバー中に【クロノアクセル】を使う場合は協力クイズで消費しないようにコマンド選択を考えること。
  • 【クロノアクセル】は3人正解の状態が続くときに最も効果が発揮されるので、アイテムが潤沢なプレミアムプレーで参加する人が多いHARD以下の時間合わせでは特に運用が難しい。それこそ全員正解が続くと【クロノアクセル】を使う意味がなくなってしまうからである。
  • 【クロノアクセル】発動中は上手くアイテムを節約していきたいところ。3人正解でターンが取れるので、自分が分からない問題で他の3人が即答してるようなときは無理にアイテムを使って食らいつく必要はない。逆の立場の場合でも1人のためにメガホンを使うのは得策ではない。
  • 【パワーUP】を使えないクロノマンサーはマジックナイトと組むことが多い。ソーサラー+ベルセルクに比べると攻撃力で劣るので使いにくくなった【クロノアクセル】を如何に使いこなすかがカギといえる。
+  クロノマンサー考察
  • 相手がパワーチャージをしていてシャーマンによってパワーDOWNがかけられていない時は【ステータスリセット】をかけよう。
  • 補助効果を付与するコマンドが一切なく、パーティーの編成や他のジョブの特性(特にシャーマン、マジックナイト、メサイア等)、状況を的確に把握した立ち回りが求められる上級者向けのジョブといえる。
  • COMのAIの正解率は低い為、COMが混じった場合は手数を増やす為にも【クロノアクセル】が必須になる。

メサイア

明らかな回復系ではあるが【HPバキューム】、【ホーリーウォール】から攻撃系、補助系の能力も併せ持つ。
暁の鐘の頃と大きな変更点はない。肝心の【ヒールUP】が使えないので、実質パラディンとセットで行動するジョブといえる。

  • 守りの面ではいろいろとこなせるが、同じ【ヒーリング】が使えるシャーマンと比べると攻撃力でどうしても劣ってしまうのが難点。攻撃と回復を同時にこなせる【HPバキューム】を活かすにはパラディンだけでなく【捨て身こうげき】を使うジョブも欲しいところ。
  • プリーストと異なり【リフレッシュ】がないためステータス異常の「のろい」との相性が悪い。本作では「のろい」を使ってくる敵が多いため、敵によってプリーストと使い分けたい。
  • 仲間が【ヒールUP】をMAXまで積んでくれれば【捨て身こうげき】の反動ダメージを【HPバキューム】でほぼ取り戻すことができる。
  • 【HPバキューム】はソーサラーのこうげきよりすこし低いダメージ量、与えたダメージとかかっているヒールUPの度合いに応じた回復が同時にできる。
    • 【ヒールUP】が1回かかるごとにかかっていない状態から回復量が、相手に与えたダメージ量の2割弱→3割→4割→5割と増えていく。
      • 【HPバキューム】はHPが最大値より600程度減っているなら【ヒーリング】代わりに使ってもいいかもしれないが、【こうげき】の方が火力が出ることを忘れずに。
  • HPバキューム、ホーリーウォールで攻撃、防御、回復の3つにバランスよく関与できるが、マジックナイトの攻撃力やクロノマンサーのAP系のような特化した能力がないため、パラディンやシャーマン同様、パーティーの編成や他のジョブの特性をよく理解し、敵の能力値(特に防御力)をよく知ったうえで立ち回りを変えることができる上級者向けのジョブと言えるだろう。

ベルセルク

ファイター同様明らかな攻撃系だが周囲のサポートが必要不可欠
本作ではマジックナイトの攻撃力の大幅ダウンやメンバーのジョブ選択が事前に判ることから実用度がアップ。だが自分で攻撃力を上げることができないため、選ぶときはソーサラーかマジックナイトがいて回復役がプリーストかメサイアで、かつ行動順が早い(招集までに時間がかかったとき)と見込めるときでないと本領を発揮できない。

  • 即招集でない場合、ジョブ選択時に一番右のキャラが回復系のジョブを選んだときはベルセルクを選ぶチャンス。他の人がソーサラーかマジックナイトを選んでくれるのを祈ろう。
  • シャーマンが回復役のときは2ターンに1回の頻度で回復する人と組めば強いが、毎ターン回復されるとベルセルクの【こうげき】+ポイズンフィーバーよりダメージが落ちてしまうので合わせのとき以外はシャーマンを被せて連携した方が安定する。
  • ベルセルクは攻撃力がMAXになってから【鬼力凶神】を使って4ターン【捨て身こうげき】を使い続けるのが最大の仕事。攻撃力や回復力が上がってない序盤の1〜2ターンは【APブレイク】でサポートしてあげるのも有効。
  • パワーUPレッドは通常の【パワーUP】とは別枠でカウントされる。攻撃力MAXでパワーUPレッドが発動するとシャーマンのポイズンフィーバーと同等以上のダメージを叩き出す。

ジョブ全般

  • 補助効果は基本的に重要度が高い順に、【ヒールUP】≧【パワーUP】>【パワーDOWN】>【ガードUP】と考えられる。APに関するコマンドの重要度は【クロノアクセル】≧【APバキューム】>【APブレイク】と考えられる。被ダメージ減少の効果はパワーDOWNの方がガードUPよりも高い。
    • 特に【ヒールUP】は事故率の削減に、【パワーUP】はターン数の削減(結果的に事故率の削減)に大きく貢献する。【クロノアクセル】は手数を増やし補助効果を揃えるのに有効である。従って、いかに補助効果を手早く揃えるかが勝負となるため序盤の問題こそメガホンやルーペを使って正解を重ね、手数を増やすべきであるといえる。
      • 【ヒールUP】を揃えたいのにダメージを食らって【ヒーリング】に回る、ということになるとなかなか補助効果が揃わず、結果として時間切れを招く。ましてパラディンの【プチヒーリング】によって維持しなければならない状況では押される一方である。
      • さらに【ヒールUP】は敵のステータスリセット以外では解除されない(2015年12月現在)ため、敵のステータスDOWN攻撃に強く、効果も劇的なものであるため、使用できるジョブ(特にパラディン)であれば、最低でも2段階は揃えておくべきである。
    • 【ホーリーウォール】は「使い捨ての【ガードUP】(【パワーDOWN】)」と考えると良い。手数が揃うまでは強力なコマンドだが、使い捨てである点を考えると恒久的な効果を持つ各コマンドには劣る。
      • 【ヒールUP】さえ揃えれば敵の攻撃を食らってもすぐ回復できるので他のコマンドの使用に忙しい【ガードUP】はともかく【パワーDOWN】も使用する必要がなくなったとする考えもある。ただし、【ホーリーウォール】を使うターンもなく連続全滅による事故は考えうるので、【パワーDOWN】を使うことは決して無駄ではない。
    • 16問以内に相手のHPを0にしなければならないことから、持久戦模様の技は基本的に相性が悪く「攻撃は最大の防御」を地でゆく作戦こそ勝利の早道であり、【ガードUP】【パワーDOWN】の有用性は薄いように思えるが、マジックナイトの【捨て身こうげき】がある場合は事情が変わってくる。
      • いわゆるダメージ量が大きい「即死攻撃」の類は存在するが、第一回のマロン先生の即死攻撃があまりにゲーム性を崩壊させていたのか、現在ではほとんど見られない。即死攻撃の前兆がきてから防御を上げても遅くはないが、基本的に即死攻撃の前兆が来るということは残り問題数もかなり少なくなっており、全員で攻撃しなければ間に合わない状態であることにも注意がいる。
      • 被ダメージを減らすという意味で【ヒーリングUP】に相当する意味合いはあり、HP消費の大きいマジックナイトの【捨て身こうげき】を【ヒーリングUP】無しで連射するためには有効なケースはある。
      • 特にアップデート後ではHP1000未満で【捨て身こうげき】が打てなくなったので、【ヒーリングUP】相当の意味合いだけでなくなってきている。すなわち敵の攻撃を食らってなおHP1000以上保てるかという意味では【ガードUP】【パワーDOWN】の重要性は非常に大きくなったといえる。
  • 【ヒーリング】が使えるプレイヤーは、出来る限りHP満タンになることを意識しよう。一見無駄なように思えるが、以下のように重要なシーンが度々あらわれる。
    • 全員不正解が続き、攻撃を連続で受けても生き残れる。特に2問から生存が怪しくなるため、重要である。
    • 攻撃を受けた結果、マジックナイトが【捨て身こうげき】を打てなくなることを防ぐ。等
    • パーティにプリースト系列が1人もいないとHP回復をする事が一切できない。パラディンの【プチヒーリング】は回復量が少ないので、あまり頼りにするわけにもいかない。この場合、【APブレイク】や【APバキューム】で敵を行動させない事も重要となる。
    • 【ヒールUP】が使えるプレイヤーがいないなら尚更早め早めの【ヒーリング】を心がけるべきである。いざHPが減ってピンチ状態になってからでは回復が間に合わずに負けてしまう虞があるためである。
      • 特に邪神での効果が微妙だった所為か、回復は軽視されがちであるのだが、マジックコロシアムにおいては(ため攻撃を除けば)最短2回でHP切れ負けが起こることを考えると回復は絶対に重要である。

小ネタ

  • 女子生徒でプレーしても「プリースト」である(「プリーステス」と表記されるべきである)。
  • 勝利時、敗北時のイラストともにトーナメントマジバトルで表示されるものよりも縦長に表示される(ミューの場合勝利時のトンちゃんの位置も変更)。
    • なお、敗北時であれば敗北の原因や程度(HP0による完全敗北からタイムオーバーによる惜敗まで)を問わず大破絵が表示される。
  • 解答後の挙動がトーナメントやサークル対戦と異なり、自分の解答もちびキャラから吹き出しとして出る。
    • 画像が選択肢になった○×:選んだ画像が消える
    • 四択・連想:全部「選ばなかった」かのように暗転しタッチした部分を中心とした魔法陣のみ描画される(ちゃんと回答したことにはなっている)
    • 文字パネル:文字盤が消える
  • マジックナイトの捨て身攻撃だけエフェクトとゲージの減りが同期していないため、捨て身攻撃のダメージを実感しにくい。
  • 敵にトドメを刺すエフェクトはジョブに関わらずソーサラーのこうげきエフェクトと同じく青い球体のような物をぶつける。
  • 自チームのHPが最大値の30%以下になると画面の上下端にDANGERのテロップが流れる。

対戦相手について

*サマーダイアリードラゴン

(主にコラボ要素について解説)

  • BGM:「In The Breeze(BEMANI SUMMER DIARY 2015 プロローグソング)」
    • QMAプレー中のBGMとして、QMA以外が初出となる曲、および、ヴォーカル付きの曲として初となる。
  • 登場キャラは、本体の龍(麻雀格闘倶楽部「黄龍」)、 左上から、2人組の女の子(ポップンミュージック「ミミ、ニャミ」)、色黒の宇宙人の子(ビートマニアDX「トラン」)、黄色い熊(ギタドラ「オトベア」)、 左下から、飛行機で飛んでる鼠(リフレクビート「パステルくん」)、顔が六角形の紳士(ユビート「スミス」)、ピンク髪の子(サウンドボルテックス「レイシス」)、 黄色い髪の子(ビートストリーム「Bisco」)、ウサ耳の赤ん坊(ダンスダンスレボリューション「バビロン(BABY-LON)」)、 浮いてるメカ(スティールクロニクル「スティールハンター」)
    • 攻撃を受ける:全員がリアクションをとるが中でもBisCo?(山吹色の髪)が顔文字を飛ばす等大きなリアクションを示す
    • 小攻撃:トラン(日焼けした宇宙人)が攻撃
    • 中攻撃:スミス(顔が六角形)が攻撃
    • 大攻撃:レイシス(ピンクの髪)が攻撃
    • 特大攻撃:黄龍が「ロン」と宣言しながら攻撃
      • 通常時の攻撃でこのような宣言をされるので、当たり牌は「プレイヤーキャラの不正解・正解」なのだろうか?随分広い待ちである。
    • 攻撃力UP:BisCo?の顔文字が目立つ
    • 攻撃DOWNの魔法:パステルくんの「わ〜いらくち〜ん」が目立つ

*冥界禁術解放戦

  • ツクヨミ
    • 雷帝ドゥンナシュラークの色違いであり、持っている武器が違うだけで、モーションや各種行動等は同一。ただし、残りHPに伴い背中の紋章が消えたりモーションの変更等はみられない。
  • アマテラス
    • 背中の紋章や全体のバランスから察するに魔槍神アルゲントゥスに酷似している、ただし、頭部はガイコツに、オーブのあった口は顔に変更されているようである。下の顔から光球を吐き出す大攻撃は新規で追加された攻撃と推測される。
    • 行動時に下の顔の部分がアクションする事から、アマテラスは下の顔の部分が本体で巨大な亡骸(龍型か鳥型のモンスター)を操っている状態ではという説もある。また魔槍神アルゲントゥスが持っていた槍はなく素手で戦っている。
  • スサノオ
    • 全体のバランスや攻撃モーション、及びこれまでの敵が各シリーズのラスボスを引き継いでいることから魔剣神アウレウスが最も近い。
    • 大攻撃はアウレウスとの敗北から取ったものだろう。これがマスター・ガルーダの大攻撃「ぶるぁぁぁぁ」のモーションの元になったのかもしれない。

*その他

  • マジアカペンギン
    • オオマジペンギンの亜種という通り、グラフィックはオオマジペンギンの色違い。火球を3つ飛ばす行動はオオマジペンギンの氷の結晶を3つ飛ばすのとよく似ているが、他の行動や勝利時の子ペンギンと踊る行動等は新しく作られたようである
  • 天空ズ
    • 「火事だー!」は弱気セレストのイベントで、火災報知機を押して「火事だー!」と騒ぐシーン。またメガホンで攻撃する攻撃もKONAMIのゲームが元ネタ。
    • 輪っかを吐いて攻撃する敵と言えば『グラディウス』のモアイ。つまりカエルム先生は・・・?
  • ドクラーケン
    • クラーケンの亜種と紹介されているが、付属品を考えれば温泉クラーケンの方が近い(「毒」と書かれたとっくり)
    • なお、ご当地グルメ検定の壁紙でルキアの近くの皿にちゃっかり乗っかっている。
  • 魔法剣士エリーザ
    • 攻撃するとホーリーウォールのようなエフェクトが出るが、ステータスリセットで打ち消すことはできず、他の解除方法も確認されていない。演出のようである。
  • 代打!アメリア
    • 背中にロマノフ先生の霊魂(?)が乗り移る。憑依前は過去作ロマノフ先生のビジュアル(アメリア先生のアカデミー生徒時代のビジュアル)も表示される。
  • ギガウィーズ
    • ギガウィーズに敗北した時にミランダ先生がギガウィーズに抱きついてくる。(Normalで獲得できる通り名「既婚」の由来か?)そしてミランダ先生の大きさとギガウィーズの大きさ、それから腕を飛ばしたあとに見られる小さな腕を考えるとウィーズ先生は鎧の中の左腕寄りの位置にちょこんと配置されているのだろう。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-11 (木) 15:26:59